Koganezawa-style

小金澤組
 

「笑顔の集まる家」3
2018.12.10

それまで少しだけ雪がちらつく程度だったのに、

忘年会当日の朝にどっさり大雪が積もってびっくりしました。

普段は車で40分程度で着ける会場に2時間半かかりました…。

みなさまも雪道の運転はゆっくり慎重に、お気を付けくださいね。

 

さて、「笑顔の集まる家」のこれまでの現場状況です。

Koganezawa-STYLEでは、柱や梁には、複数の木材を貼り合わせた集成材を使用しています。

1本の木材をそのまま使う無垢材に比べて、集成材の方がより乾燥された状態で建築されるため、

建物完成後の反り(そり)や狂いが少なく、耐震性にも優れています。

集成材の性能を充分に発揮するために、接合部分には金物を使用しています。

こちらについては、改めて今後の建築日記で詳しくご紹介します。

 

1階の建て込み完了後、外壁の下地となる構造用合板を張り付けます。

寒さがどんどん厳しくなる中、本当に手際よく進めていく大工さんたち。

いつもありがとうございます。

 

この後2階部分の建て込み工程に入ります。

次回更新もお楽しみに!