Koganezawa-style

小金澤組
 

「プライベートバーのある家」4
2018.9.23

秋晴れが続き、トンボが飛んでいるのを見かけるようになりました。

もうすぐ紅葉が見られるかな?

 

さて、「プライベートバーのある家」のこれまでの現場状況です。

今回は外部工事のこれまでの流れをお見せします。

 

まず、建物を支える骨格をつくり、

構造用合板を張り、

屋根工事を経て、

外壁の下地工事まで進行しました。

今回は外壁はガルバリウム鋼板です。

お楽しみに(*^▽^*)

こうして写真を並べると「おお~進んでるなあ」と実感できて嬉しく思います(*^^*)

次回更新もお楽しみに!

「プライベートバーのある家」3
2018.9.17

この度の地震により被災された方々に謹んでお見舞い申し上げますと共に、

一日でも早く日常生活に戻れますよう、心よりお祈り申し上げます。

Koganezawa-STYLEスタッフは
みんな元気に営業しております。
お住まいに関するご相談があれば、遠慮なくお問い合わせください。

 

さて、「プライベートバーのある家」のこれまでの現場状況です。

前回は柱や梁を立てていきました。

今回は屋根工事から。

こちらは垂木という部分。

屋根を形作る、屋根下地の野地板(のじいた)と呼ばれる板を止めつける役割があります。
この垂木があることで、野地板が歪むことなく、平らに取り付けることができます。

こちらが屋根下地の野地板を張った屋根です。

ここから、

野地板に雨水が侵入するのを防ぐための防水シートを貼って、

板金を張って、屋根工事完了です!

ちなみに屋根の下では、

外壁の構造用合板が貼られ、

ピンクのグラスウールが施工されました。

それでは今回はここまで。

次回更新をお楽しみに!

「プライベートバーのある家」2
2018.9.2

朝夕はだいぶ涼しくなってまいりました。
更新が停滞してしまい大変申し訳ありません・・・。
ひどい夏風邪を引いてしまい、長らく休養しておりました。
みなさま、お体にお気をつけてお過ごしください。
(とくに手洗い・うがいを徹底させてくださいね!)

 

さて、「プライベートバーのある家」のこれまでの現場状況です。

前回は基礎工事完了をお知らせしましたので、今回は土台敷きから。

 


この土台の上に柱を立てたり、

クレーンで梁を掛けていきます。

順調に進行しています!

次回の更新もお楽しみに。