Koganezawa-style

小金澤組
 

どんな暮らしをしたいですか?
家ではなく「暮らし」に価値がある家づくり。

暮らしから創る、家づくり。暮らしの数だけ家にもスタイルがあります。それは、規格住宅のカスタマイズではできない、ちょうど良さ。ご家族の暮らしにフィットする器こそが、私たちの考えるいい家づくりです。

そして、家は住まい手と共に「建てるもの」であり「買うもの」ではありません。創意と工夫に満ちあふれ、先人たちから受け継がれた知恵で自然とのつながりがいつも暮らしのそばにあり、手入れをしながら愛着が増し、時とともに住みやすく形を変えながら一緒に育っていくものです。

Koganezawa-STYLE、5つのテーマ。

外とつながる

窓は自然を取り込み心地よさを感じるためのとても重要な役割を果たしています。大開口の窓を通して四季を感じ、内と外をつなぐことで暮らしの豊かさを向上させます。そこからつながるウッドデッキは第2のリビングです。

趣味を楽しむ

暮らしを楽しむこと…大好きなことを大好きな場所で。趣味の数だけ存在するユニークな空間を、ご家族の人生や暮らしに密接につながった想いを大切にしながら創り上げます。

自然との共生・地産地消

自然が持つ「素材・空気・柔らかさ・主張しない厳かさ」を住まいに取り入れて、毎日が特別になる、より豊かな暮らしができる家。ぬくもりある自然素材をふんだんに使い、また北海道で生まれた素材を活用することで地産地消にも心掛けています。

ちょうどいいサイズ

暮らしから創り上げた家は、さならがら洋服のオーダーメイドのようにそのご家族の暮らしにフィットする器となります。大きすぎるでも、小さすぎるではなく、「ちょうどいい」がいいサイズ。

住み継ぐ

暮らし方は時間と共に変化します。その変化に対応できる初めから作りこまない家は、暮らしの中で自由に変化でき、また自然素材は使うほどにその表情を変え、その味わいを楽しめます。自分の手でメンテナンスすることで、より愛着が増していきます。

自然と家が一体になると、毎日が特別になる

私たちは心の癒しを求めて休みの日には色々な場所に行くことを計画します。温泉・キャンプ・リゾート…。都会の喧噪を離れた「自然を感じられる場所」を選ぶことが多いですよね。
ところで、老舗旅館や古民家風の宿に癒しを感じるのはどうしてでしょうか? また、キャンプやリゾートで自然に触れたくなるのはなぜ? それは「素材・空気・柔らかさ・主張しない厳かさ…」五感で感じる心地よさがそこにあり、「自然の中で生きていることが本来の姿」だからではないでしょうか。
日常にこの素晴らしい自然を取り込めば、もっと豊かに過ごせるものと私たちは考えています。このエッセンスを家にも取り込んでみたら…。そんなコンセプトでつくりあげた居心地のいい家は、忙しい毎日を送る現代の生活にちょっとした心のゆとりや優しさが生まれる場所になりました。早く帰りたくなる家、週末も家でゆっくりくつろぎたくなる家。自然と一体になる家で特別な毎日を送ってみませんか。