Koganezawa-style

小金澤組
 

性能・素材

自然に寄り添う素材を、日本古来の伝統的な工法で。Koganezawa styleでは手早く建てるだけの現代的手法ではなく、職人の手による暮らしをイメージした丁寧な作りこみを大切にしています。また、大量生産を目的とした化学的な材料ではなく、古くから親しみのある自然に返る素材をたっぷりと使用しながら、心地よさを感じる自然素材・伝統工法と調和する高い機能性を持つアイテムを取り入れています。下記を基本仕様として、暮らしの幸せをつくる最良のプランをご提案させていただきます。

道産木材

構造材・床材に北海道の木材を使用しています。木のやさしい足触り、柔らさと温もりある暮らしを楽しめます。経年変化で色合いや風合いが変化するのも魅力の一つです。

ほたて漆喰

防カビ性、調湿性、消臭性などの効果があり、室内の空気をきれいに保つ「ほたて漆喰」を壁・天井にふんだんに使用します。北海道の大きな産業である「ほたての貝殻」を再利用した環境にもやさしい建材です。

モイス(MOISS)

モイスは、「モイスチュアー・MOISTURE」(湿り・水分・潤い)を語源とした、天然の「鉱物・バーミキュライト」が主成分のセラミック状のボードです。耐力性、防耐火性、調湿性等、様々な強さを持つモイス。他にもシロアリによる食害排除や、気密性の高さによる省エネ性、遮音性など建物の耐久性や居住性を向上させます。
またその優れた調湿性能でシックハウスの原因となる化学物質を吸着・分解します。また燃えない、腐らない、シロアリの蝕害を受けないという特性に加え、将来役割を終えて廃棄された後は土壌改良剤として生まれ変わる、人や環境にやさしい素材です。

24時間全館無風暖房のため、玄関からお風呂場やトイレに至るまで家中隅々まで暖かく、静かでホコリが立ちにくく、いつも室内の空気がクリーンで無臭。また、暖房器具が室内に露出していないため、デザイン性の高いインテリアを創出します。主に深夜帯の電力を活用しながら蓄熱するため、低ランニングコストで運用可能です。

第1種換気

換気を行いながら家の温度変化を効果的に防ぎます。夏は冷房の冷気を、冬は暖房の熱を逃さず、換気を行っても暑くなったり寒くなったりしません。また、24時間機械換気のため、安定した新鮮な空気と心地よい室温を維持します。

ヨーロッパから輸入している、本物の木を超えた高機能素材は、熱・傷・摩耗・汚れ・水・衝撃に強く、まさにキッチンのためにデザインされ、インテリア全体をコーディネートできる多彩なファニチャーをラインナップしています。

炭火焼きと同じ遠赤外線効果で毎日の料理がおいしくなる、ラジエントヒーター。IHとは異なり、発生する電磁波も少なくご家族の健康を食からも守ります。

主な仕様

木造軸組構法(在来構法)+金物工法

換気
第一種換気

暖房
全館暖房 BEシステム(基礎蓄熱式 低温輻射工法)

床材
道産カラマツ材、道産トドマツ材

床材
・道産ほたて漆喰
・モイス(天然鉱物バーミキュライト使用のボード)
・道産木材

外壁材
・ビオシェル(道産ほたて貝殻使用の塗壁)
・ガルバリウム鋼板

キッチン
・グラフテクト(by kitchinhouse)