【居心地の良さをつくる8つのこと】〜②太陽のうごき〜
2019.3.31

心地よく暮らすための小さなアイディアや、
Koganezawa-STYLEのこだわりなどをお届けします。
「暮らしのおはなし」

前回に引き続き、テーマは
【居心地の良さをつくる8つのこと】

今回は
家を建てる前に知っておきたい②”太陽の動き”についてのおはなしです。

①季節によって変わる“太陽の動き”

太陽は東から昇って、昼間に南に上がり、西に沈むものですが、
夏と冬では、太陽の昇る角度、方角も大きく異なります。

上の図のように、夏は長い時間日射を受けて部屋の中が暑くなりやすいので、なるべく日射を遮る工夫をしなくてはなりません。
逆に、冬は日射を受ける時間が少なく部屋の中が寒くなりやすいので、なるべく日射を部屋の中に取り入れる工夫をしなくてはなりません。

365日快適な住まいづくりのために、太陽の動きを理解しましょう。

②常識よりも住み心地を優先する

 

一般的な住宅は、道路や敷地境界線に対して平行に建てられることが多いかと思います。

Koganezawa-STYLEでは、太陽の動きや近隣の建物の状況などを考慮して建物の向きを決めます。

寒い冬に太陽の暖かさと明るさの恩恵を室内に取り込むために、
建物の向きを真南から最大で30度西に振って建てていきます。
そして太陽の高さや風の抜け、景色に合わせた窓を配置します。

夏の強い日差しは、庭の樹木やスクリーンなどで上手に遮ります。
樹木は、日差しを遮ってくれるだけでなく、木陰を生み、暮らしをに潤いを与えてくれます。
落葉樹ですと冬には葉を落とすので、温かい日差しが家の中まで通ります。
秋に美しく紅葉する樹木であれば、家の中から見る風景で季節を感じることができます。

 

Koganezawa-STYLEは、四季のはっきりした、また冬の寒さが厳しい北海道だからこそ、
その土地で一番自然の恵みを享受できる方角に合わせて家を建てる、ということをとても大切にしています。

また、太陽に合わせた向きにすることにはほかにもメリットがあります。
次回ご紹介するので、更新をお楽しみに。

【居心地の良さをつくる8つのこと】〜①建物の配置〜
2019.3.14

3月から新たに、
「暮らしのおはなし」と題しまして、
家づくりや暮らしにまつわる様々なテーマのおはなしを発信していきます。

今月のテーマは
【居心地の良さをつくる8つのこと】

Koganezawa-STYLEは「居心地の良い家」をつくるため、
独自のスタイルを持った住まいづくりを実践しています。
住まいづくりの考え方を設計・施工・住まい手目線など様々な視点でわかりやすくご紹介します。

今回は建物の配置を考える”配置計画”についてのおはなしです。

配置計画にこだわりあり

家を建てるためには、建てる土地をどのように活かして建てるかがとても大切なことです。
土地の形、隣家の位置、窓の位置、日差しや風向き、見える景色や建てるための法律など…
さまざまな条件がその土地にかかってきます。

その土地の条件や特性を、実際に土地を見に行き
周辺の環境を目で見て、あるいは肌で感じて、
活かす特性と注意する特性を把握することを、Koganezawaでは「敷地を読む」といいます。

同じ敷地が1つとして無いように、制約の無い敷地もありません。
限られた条件の中で、最良の暮らしをするためには、
その敷地の性質をよく読み取り、既成概念にとらわれない柔軟なプランニングがとても重要になります。

※抜け…建物の端から端までが一直線に見渡せる状態のこと。

 

土地をどのように活かせるかを読み取るのは簡単にできることではありません。
Koganezawaでは、どのポイントを見ればいいのか、どこに気をつければいいのか、
どんなおうちが建つのか、といったアドバイスを行っております。

土地をお探しの方は、気になる土地があればすぐに見に行ってアドバイスさせていただきます。
すでに土地をお持ちの方もご相談を承ります。

まずはご自分だけで判断せずに、ご相談ください。

次回のテーマは「家づくりの前に知っておきたい太陽の動き」です。
おたのしみに。

TEL:0144-53-8881